日本相撲協会の役員改選は28日午後、東京・両国国技館で立候補の受け付けが始まり、二所ノ関一門を離脱した元横綱の貴乃花親方(37)が、理事への立候補を届け出た。

定数10の理事選(外部役員を除く)には、11人が立候補を届け出る見通しで、4期8年ぶりに選挙戦となることが確実視されている。改選は2月1日に投開票が行われる。無投票で無く、選挙戦になった事に関して大歓迎である。今後、相撲界の体質改善に結びつく事を期待したい。勇気を出して、貴乃花親方に賛同する人が何人いるかが気になる。

メインメニュー

日本ニュース一覧

携帯サイト