日本の男子マラソン界で一時代を築き、強烈なライバル関係にあった瀬古利彦氏(53)と中山竹通氏(50)が26日、都内でトークショーを開催し、ともに笑顔で現役時代はできなかったという"和解"の握手を交わした。

本当に和解出来た事はうれしい。二人は、マラソン界の一時代を築いた人達であり、マラソン界を大いに盛り上げて欲しいものである。又、後輩の指導にも力を入れて、マラソン界で更に日本が注目されるような選手が出てくる事を望む。

メインメニュー

日本ニュース一覧

携帯サイト