松坂大輔投手(29=レッドソックス)が西武入りしたときに監督を務めていた東尾修氏(59=本紙評論家)は西武のドラフト1位・雄星投手(18=花巻東)をキャンプ前の現時点で「松坂より上」と絶賛。

柔らかさと強さを兼ね備えた雄星を"江夏級"と分析した。キャッチボールからブルペンの立ち投げ。アラを探そうと思っても何も見つからないそうだ。雄星はキャンプ前から高評価でかなりのプレッシャーだろう。あまり無理をさせずに大事に育てて欲しいものである。でも、公式戦での投球を早く見たい気がする。又、このようなスーパースターが出てくると、今年の野球はおおいに盛り上がるだろう。

メインメニュー

日本ニュース一覧

携帯サイト