阪神を引退した赤星憲広(33)氏の引退試合を、本人の意向で行わないことを、沼沢球団本部長が22日、発表した。

当初は3月14日の巨人とのオープン戦(甲子園)などを候補に、球団が打診していた。本当にありがたいお話で、私自身もぜひもう一度、最後にファンの前でプレーしたいと思いました。でもオープン戦とはいえ、開幕直前の大事な調整の場です。今年はV奪回を目指して選手もチームも一丸となり、必死に戦っています。ものすごく悩みましたが、球団とも何度も話し合った結果、このような結論を出さなくてはなりませんでした。これは、球団が決める事なので、素直に受けて、引退試合でファンの前で最後の姿を見せて欲しかった気がする。残念であるが、本人が決断した事なのでしかたがない。

メインメニュー

日本ニュース一覧

携帯サイト