大相撲の二所ノ関一門は19日、東京都内で初場所後の日本相撲協会理事選に向けた対応を話し合い、貴乃花親方(元横綱)を支持する間垣親方(元横綱2代目若乃花)ら6人の親方が一門からの離脱を求められ、事実上「破門」された。

貴乃花親方を含め一挙に7人の親方が一門を離れるのは、大相撲では極めて異例の事態が発生している。今回の貴乃花の行動は、いろいろ波紋を広げているが、相撲界の古い体質改善に意欲的に行っているものであり、指示したい。今は、会社でも実力社会であり、年功序列はもう通用しない。初めての事に関しては、周りからいろいろといわれる事があると思うが、それにめげずに頑張って欲しい。

メインメニュー

日本ニュース一覧

携帯サイト