大相撲の横綱・朝青龍関(29)が初場所開催中の16日未明、東京都港区内の路上で酒に酔って知人の男性(31)を突き飛ばし、警視庁麻布署員が出動する騒ぎを起こしていたことが22日、明らかになった。

師匠の高砂親方(元大関・朝潮)から報告を受けた日本相撲協会の武蔵川理事長(元横綱・三重ノ海)は「(暴力行為は)相手が誰であろうが、やってはいけない。いつもお騒がせの横綱である。今回は場所中だと言うのに酔う位酒を飲んでいた事が信じられない。場所中の力士の管理は、誰がどのようにやっているのだろうか。いつも何か起こったら、師匠が出てきて謝罪するだけで終わっているようでならない。過去の問題が生かされていない気がする。

メインメニュー

日本ニュース一覧

携帯サイト