平野博文官房長官は26日午前の記者会見で、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設先を5月末に決める際の地元自治体の合意について

「理解は求めなきゃならないテーマだが、合意が取れないと物事が進められないものなのか」と述べ、必ずしも必要ないとの認識を示した。地元自治体とも充分話しあいを持つ前から、必ずしも合意は必要ないみたいな話しをしていては、反発が出るのは当たり前だろう。先日の市長選の結果についても、斟酌しなければならない理由が無いと発言している。もう少し、議論をしっかりした上で、最終的な結論として発言して欲しいものである。

メインメニュー

日本ニュース一覧

携帯サイト