沖縄県名護市長選から一夜明けた25日、初当選を果たした稲嶺進氏は米軍普天間飛行場(宜野湾市)の同市への移設に反対する考えを重ねて示した。

一方、鳩山首相は、国の責任で5月までに移設先を決める方針を改めて強調した。ただ、米政府は依然、名護市辺野古の米軍キャンプ・シュワブ沿岸部に移設する現行移設計画の実現を求める姿勢で、新たな移設先を見つけるのは容易ではない。普天間移転に関しては、沖縄県の思い、米国の思いの双方が交錯して大変難しい問題でありそうだ。政府は結論を先延ばしし過ぎた為にこのような事になっている気がする。首相はリーダーシップを発揮して、早い結論を出して欲しいものである。

メインメニュー

日本ニュース一覧

携帯サイト