前原誠司国土交通相は24日、本体工事の中止を表明していた八ツ場ダム(群馬県)の建設予定地の同県長野原町を訪れ、地元住民と初めて意見交換した。

同相は「困惑と怒り、将来に対する不安を抱かせているのはわれわれ政治の責任だ」と謝罪したが、住民側からはダム建設を求める意見が続出。議論は平行線をたどった。地元住民が言うように中止ありきでは、いつまでたっても解決しない。中止予定なら、その根拠を明確にして、納得の行く説明が必要であろう。時間を掛けて、充分議論を重ねて、最終的な結論を導き出して欲しいものである。

メインメニュー

日本ニュース一覧

携帯サイト