社民党の第12回党大会が23日午前、党本部で始まり、昨年12月の党首選で無投票当選した福島瑞穂党首の4選を正式に決めた。

福島氏はあいさつで、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設問題について「覚悟を持ってみなさんとともに取り組む」と述べ、現行案通りの決着が図られた場合、連立政権を離脱する可能性があることを改めて示唆した。自分の意見が通らなければ、直ぐに連立政権離脱を持ち出すが、もう少し、相手を説得出来るような方法は持ち合わせていないのだろうか。党首はそれくらいの力量があって当然のように思う。

メインメニュー

日本ニュース一覧

携帯サイト