前原誠司国土交通相は、企業再生支援機構が日本航空の支援にかかわる最長3年の間に、日航と全日本空輸の国際線統合が必要かどうか見極める必要があるとの考えを示した。

同相は夕方の会見で、大手航空会社2社体制の見直しに言及していた。一方、国内線統合は独占禁止法に触れる恐れがあり、検討対象にならないとの見通しも明らかにした。
法に触れない方法で共通で協力出来る所はどんどん推進すべきである。共有する事で大きな効果が上がるものも沢山あるはずである。積極的にに進めて欲しい。

メインメニュー

日本ニュース一覧

携帯サイト