大相撲の横綱朝青龍が初場所開催中、泥酔した上に男性の顔を殴ってけがをさせた問題で、横綱審議委員会(横審)の鶴田卓彦委員長は29日、「事実であれば簡単には済まない。

出場停止で済むか、どうか。横綱として社会に対する責任がある」と述べ、厳罰もやむなしとする見方を示した。横綱が男性の顔を殴った件で処分で揺れているが、横綱に限らず、問題を起こした人もおり、何か起こった都度、議論して処分を決める方法は良いのだろうか。やはり、基本的な規則の制定も必要ではないだろうか。規則があれば、事前にその規則の教育もやれるし、ルール違反した場合には、その規則にのっとって処分も出来る。

メインメニュー

日本ニュース一覧

携帯サイト