日本相撲協会の横綱審議委員会で女性初の委員を務めた内館牧子さん(61)=脚本家=が25日、5期10年の任期を終えた。

横綱の品格に厳格な内館さんは、東京・両国国技館で開かれた委員会に出席し、最後の日も横綱・朝青龍関(29)に苦言を呈した。いつも横審での発言では、横綱以上に注目を浴びているように思える。しかし、委員会には、彼女のような辛口の発言をする人が必要であr。何でも妥協するよな委員会では、この委員会の意味が無い。もし、次に委員が選出されるのなら、彼女のような、妥協しない、辛口の人を選出して欲しいものである。最後に、内館さん、相撲界の為に尽力されて、感謝申し上げます。

メインメニュー

日本ニュース一覧

携帯サイト