昔からレジャーとして根強い人気を持つ「釣り」。海や川、湖など、さまざまな舞台でさまざまな楽しみ方を持ち、その魅力のとりことなる人は多いが、自然相手のレジャーゆえに、1つ間違えば危険が伴う。今月に入って、北海道と茨城県で相次いで釣り人の命が失われる事故が発生した。現場、立ち入り禁止区域に指定されている所である。

私も釣りが好きで、昔、よく行きましたが、私が釣りをしていた直ぐ近くで立ち入り禁止区域になっていましたが、沢山の人が、そこに立ち入り釣りをしていました。そこの場所を管理している側は、塀を高くして入られないように工夫をしていましたが、あまり効果がありません。中に入ろうとする人は、塀を壊したり、梯子を持って来たりして、工夫して中に入ります。違反を犯す人は、良くないのは勿論であるが、管理する側も、一工夫して入られないようにする事を良く考える必要があるように思う。管理が甘すぎるように思う。

メインメニュー

日本ニュース一覧

携帯サイト