玩具大手のタカラトミーはソニーと共同で、飲み残したジュースで発電して走行する無線操縦カーを開発し、18~19日に東京都内で開かれた玩具業界の商談会「TOYフォーラム2010」に出展した。 

「おもちゃのエコカー」で、商品化を目指すそうです。車本体には、乾電池の代わりに、ブドウ糖と酸素を化学反応させて発電するソニーの「バイオ電池」を搭載し、ジュース8ccで、1時間程度の走行が可能という。このような夢のある開発があらゆる方面で検討され、商品化される事を望みます。

メインメニュー

日本ニュース一覧

携帯サイト