大相撲の横綱朝青龍が今月の初場所中、泥酔して暴れたとして日本相撲協会から厳重注意を受けた問題で、横綱が一般人の男性を殴り、顔にけがをさせていたことが分かった。

男性は警視庁麻布署に診断書を提出したが、被害届は出していないという。始め、マネージャーを殴ったとか言っていたので、半信半疑で情報を見ていたが、やっぱり偽りだったのか。どこから、どのように情報が流れたのか知らないが、間違った情報だけは出して欲しくない。そうでないと情報そのものが信じられなくなる。充分、気をつけて欲しいものである。

メインメニュー

日本ニュース一覧

携帯サイト