タイのプミポン・アドゥンヤデート国王(82)は12月31日夜のテレビ演説で、国民に対し、新年の祝辞を述べた。

国王は体調を崩し9月から入院中で、国民多数が快癒を祈り記帳したことに謝意を示した。また、1人1人が職務に全力を尽くし、常識に従い事に当たるよう求めた。国王の今年の年賀状は昨年同様、愛犬と一緒の写真で、家族の姿はない。日本の場合には、新年恒例の一般参賀が2日、皇居で行われた。天皇陛下と皇族方は、午前10時10分▽11時▽11時50分▽午後1時半▽2時20分-の計5回、宮殿・長和殿のベランダに立たれた。

メインメニュー

タイニュース一覧

携帯サイト