損害保険ジャパンのタイ現地法人、損保ジャパンタイランドは26日から、タイ東北部コンケン県の稲作農家向けに、降水量が一定値を下回った場合に保険金を支払う「天候インデックス保険」を販売する。

タイで稲作農家の干ばつ被害への対応を目的とする天候インデックス保険が販売されるのは初めてだそうです。これは面白い試みであるような気がする。干ばつなどで収穫高が減少すると、すぐに資金繰りが行き詰り、貧困からの脱出が困難になっているそうでです。現在も雨が少なく、干ばつの恐れがあり、こう言う制度は良いように思う。

メインメニュー

タイニュース一覧

携帯サイト