国際サッカー連盟(FIFA)は18日、昨年11月のワールドカップ(W杯)欧州予選プレーオフでフランス代表FWティエリ・アンリ(バルセロナ)がハンドの反則を犯して見逃された問題で、アンリを処分しないと発表した。

出場停止などが科される可能性があったが、規律委員会が、規定ではハンドが処分対象となる重大な違反に該当しないとして「処分を検討する根拠がない」と結論付けた。ハンドした場合、審判が判断する事なので、本人への罰則がないのは当然である。ただ、試合が終わった後に本人がハンドしたと公表したのだろうか。試合後に覆される可能性は殆ど無い。こう言う問題は、起こったときに写真判定、本人への聴取等の何らかの方法はなかったのだろうか。きわどい判定に関しての何らかの対応が必要ではないだろうか。。


メインメニュー

世界ニュース一覧

携帯サイト