インドネシアのユドヨノ大統領が自身3枚目となるポピュラーソングのアルバムをジャカルタで発表した。

国内での支持率が低迷している同大統領のアルバムタイトルは、「I'm Certain I'll Make It(私はできると確信している)」である。大統領は、最新アルバムについて、「国に奉仕しようと努力する中、余暇の時間に、自分の気持ちを芸術という形で表現した」と述べていると言う。それにしても、大統領職についている人が何故こんなことをする暇があるのだろうか。不思議である。国のやるべき事は山積しているように思うのだが。何か国民の為になる大きな事でも発表したら、支持率のアップに繋がるような気がしてならない。

メインメニュー

世界ニュース一覧

携帯サイト