大地震発生から丸2週間を迎えたハイチの首都ポルトープランスで26日、30代の男性ががれきの下から救出された。

米CNNテレビなどが伝えた。男性は大腿(だいたい)部を骨折しており、医療施設に搬送されたが、容体は安定しているという。2週間経っても生存者はいる。救助隊は最後の一人まで、救助に全力を尽くして欲しい。救助されたニュースを聞くとうれしい。

メインメニュー

世界ニュース一覧

携帯サイト