昨年11英国では7歳の少年が「ピカソの再来か」などと話題になっている。昨年11月に販売した絵画16点は、総額1万8000ポンド(約260万円)で、わずか14分で完売。

日本からも購入希望があったという。 英東部の町ホルトに住むキーロン・ウィリアムソンくんが絵を描き始めたのは、5歳のとき。家族とコーンウォールで休暇を過ごしたキーロンくんは、港の風景に心を動かされ、両親に初めてのスケッチブックをねだったという。世界中が騒いでいるくらいなので、恐らく天才画家に匹敵する位の力があるかも知れない。ただ、未だ7歳なので、あまり無理強いはしないで、本人の力を引き出しつつ、大事に育てて欲しいものである。今は自由にさせて置いた方が良いかも知れない。

メインメニュー

世界ニュース一覧

携帯サイト