米ニューヨークのメトロポリタン美術館は24日、同美術館で展示していた20世紀を代表するスペインの画家パブロ・ピカソの作品「役者」に、来場者の女性が誤って倒れかかり、キャンバスが損傷したと発表した。同美術館などによると、ピカソの初期の作品群を展示していた2階で22日、美術講座に参加していた女性がバランスを崩し、「役者」に倒れかかったと言うが、作品のガードはしっかりしてあったのだろうか。このように大きく報道されると、いかにも倒れ掛かった人に責任があったかのように聞こえる。気の毒でしようがない。。

米ニューヨークのメトロポリタン美術館は24日、同美術館で展示していた20世紀を代表するスペインの画家パブロ・ピカソの作品「役者」に、来場者の女性が誤って倒れかかり、キャンバスが損傷したと発表した。同美術館などによると、ピカソの初期の作品群を展示していた2階で22日、美術講座に参加していた女性がバランスを崩し、「役者」に倒れかかったと言うが、作品のガードはしっかりしてあったのだろうか。このように大きく報道されると、いかにも倒れ掛かった人に責任があったかのように聞こえる。気の毒でしようがない。。

メインメニュー

世界ニュース一覧

携帯サイト