鉄道が寸断され、ペルー・マチュピチュ遺跡周辺で孤立していた邦人旅行者33人が28日、ヘリコプターで救出された。

日本外務省によると同日までに救出された邦人は計72人で、残る邦人はあと5人という。全体ではまだ約800人の旅行者が取り残されており、救出が遅れた人たちからは不満が噴出。旅行会社に金銭を要求されたとの苦情が出るなど、救出をめぐって混乱も広がっている。先ず、全員を無事に救出する事が大事である。金銭を要求されたとか日本人が優先されているの情報が出て、混乱しているよだが、誰か総まとめ役を引き受けて、混乱無く皆が無事に救出させてくれる人はいないのだろうか。一刻も早く救出して欲しい気持ちは、誰しもあるのだから、きちんとした交通整理が必要だろう。

メインメニュー

世界ニュース一覧

携帯サイト